micro:bitと100円ショップのドアセンサーでファミマ風な侵入感知システムを作ってみた

micro:bitと100円ショップのドアセンサーでファミマ風な侵入感知システムを作ってみた

100円ショップで見つけたドアの開閉センサーライトを、micro:bitにつなげてバージョンアップ(?)してみました。

できあがったのはこちら。

扉の開閉を感知すると、micro:bitから音楽が流れてiPhoneが写真を撮ってくれます。

今回使ったセンサーライトはこちら。センサーとコードの部分を使いました。

で、こちらが全体図。

仕組みは、

  • 100均センサーをmicro:bitのP1とGND端子につなげて、扉の開閉状態をアナログ入力の変化で判定。
  • iPhoneにはmicro:bitアプリをインストールして、micro:bitとBluetoothで接続。
  • micro:bitアプリの「Monitor and Control」でCameraのPanelを追加。
  • micro:bitの画面で「Add package」を選んで「bluetooth」を追加。
  • アナログ入力の値が変化したら「tell camera to (take photo)」で撮影する。
  • サウンドは、micro:bit用MI:電源ボードから出力。

という感じです。

入店サウンドは、こちらを参考に打ち込みました。

デイリーポータルZ:クラブ活動:効果音部:コンビニ入店時チャイム 

micro:bit は安くて小さい割に、手軽に色んなことができるので面白いですね。

参考)ファミマ入店音といえば。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。