iPhoneを紛失した


(先に結論を書いておくと、翌日見つかってます。)

先週の土曜日、忘年会@桜木町に参加してきました。

帰りの電車の中で、メールチェックをしようとしてiPhoneがカバンに入ってないのに気付きました。

「ガーン…」

タップできない寂しさ、iPhoneを失うショック、残ったローンはどうなるんだという心配などが頭の中を交錯しつつ、既に終電ぎりぎりなのでそのまま帰宅。その後、回線停止とメールなどのパスワードを変更して寝ました。

翌日、いつもより早起きをしてsoftbankのサポートに「携帯を無くして、なにか探す方法はありませんか?」と電話をしてみました。

すると、「探索サービスっていうのを申し込めば、今からでも携帯がどこにあるかわかりますよ」とのこと。一気に希望の光が。

ところが、「電話回線が混んでてオペレータサポートから探索サービスへの電話転送ができないので157にかけ直してください」との指示。早速かけなおすも、なぜか「対応できないのでオペレータサポートに」とのこと。

なかなかつながらないオペレータサポートにようやくまたつながったと思ったら、「お客様の電話はiPhoneなので探索サービスは使えません」と、また振り出しに。がっくり。

 

そんなこんなをしているうちに、そろそろ昨日の居酒屋さんも仕込みで人も出てきてるかな?という時間になったので、電話してみました。

「あ、白いケータイね、ありますよー」

返事を聞いた瞬間、パーッと霧が晴れて、飛んで桜木町に向かいました。

というわけで、

  • iPhoneは探索サービスは使えない
  • 電話だけじゃなくてメールやウェブのアカウントも即変更する必要がある
  • メールは普段からブラウザで読む
  • パスワードロックをかけておく
  • 壁紙に紛失時の連絡先を書いておく
  • なくなったのに気付いたら直ぐに引き返す!
  • とにかく、フツーの携帯よりなくしたときのダメージが大きい

ということを改めて覚えました。忘年会シーズンは特に要注意ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です