exception type 14 in word 2427


先日買ったML115の1台に開発環境を構築してみました。

当初は普通にCentOSを入れてVirtualHostで…と考えていたんですが、「VMはいいよ」という声に反応して調べてみると、確かに便利そうです。

[Think IT] 【仮想化を楽しむ】徹底解説!VMware ESXi

しかもESXiはホストOSが要らないVM環境だそうで、なんと、ESXi自体をUSBメモリにインストールして使うのが旬のようです。

VMware ESXi を USB メモリにインストールして HP ML115 で起動 – 酒日記 はてな支店

ESXiのインストールとGUESTOSのインストールまでは、このあたりを参考にしてすんなり進みました。

ESXi3 – PukiWiki

ちなみにこれらの手順の中で2ヶ所だけつまずいた点がありました。

(1)その1

VMware ESXi 3.5 U3 Installable with HP Management Components

をダウンロードしてUSBメモリにインストールしたら、ESXiは起動するものの、その後数十秒で紫画面に「exception type 14 in word 2427」のエラーメッセージ。

ダウンロードするファイルは、

 

VMware ESX Server 3i U3 Installable Refresh

 

が正解でした。

(2)その2

ローカルPCのDVDドライブからゲストOSをインストールするのに手間取った。

  1. VM Infrastructure ClientのBoot optionで
    ・Power-on Boot Delay=3000
    ・Force BIOS Setup checked
  2. BIOS設定でCD-ROM Drive起動順を一番最後にする。
  3. NW installタイムアウト後に、Connect CD/DVD をクリック。

参考) のろぐ » Blog Archive » ESXi CD/DVD Drive Tips

わからないことだらけだけど、こういう作業も結構楽しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です