Amazon EC2 Reserved Instances


えへへ、あなたダレですかー?

Amazon Web Services Team からお知らせメールが届きました。

モチロン全文英語なので、スルーしちゃおうかと思ったんですが、冒頭に”We are excited today to introduce …”。

ん?エキサイテド?ということでちょっとがんばって読んでみました。

拙い読解力によると、今までの料金体系(On-Demand Instances)に加えて”Reserved Instances”ってのが登場したらしい。

早速 http://aws.amazon.com/ec2/ を見てみると…

○ Standard On-Demand Instances(Linux/UNIX Usage)

  • Small・・・$0.10 per hour
  • Large・・・$0.40 per hour
  • Extra Large・・・$0.80 per hour

○ Standard Reserved Instances(Linux/UNIX Usage)

  • Small・・・$325(1 yr Term) $500(3 yr Term) $0.03 per hour
  • Large・・・$1300(1 yr Term) $2000(3 yr Term) $0.12 per hour
  • Extra Large・・・$2600(1 yr Term) $4000(3 yr Term) $0.24 per hour

どうやら今までの“使った分だけ払い”に加えて、1年、3年の“一括払い”もできるようになったってことらしい。(固定IP,転送量等は別途)

【2009/3/14 修正】

やっぱり理解が違ってた様なので、削除&修正しときます。よく読むと、Reserved Instancesで事前に支払いをしておけば、その期間のインスタンス使用料が安くなるってことらしいです。なるほど、それでReserved なんですね。

例えば$1=100円として…

○ On-Demand InstancesでSmallを1年使った場合

$0.1/h x 24h x365d x 100円= 87,600円

○ Reserved InstancesでSmallを1年使った場合

($325 + $0.03 x 24h x 365d ) x 100円 = 58,780円

○ Reserved InstancesでSmallを3年使った場合

($500 + $0.03 x 24h x 365d x 3y ) x 100円 = 128,840円(約42,946円/年)

というわけで、失礼しました。まだ違ってたら遠慮なく突っ込んでください。

Amazon EC2 Reserved Instances” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です