見積もり算出の方法

剪定(前)剪定(後)
(左)剪定前 (右)剪定後

しばらくメンテナンスを怠っていた間に、文字通り手の届かなくなってしまった自宅の庭の木。
まるで森のようでした。

といわけで、もうこうなったらプロを呼ぶしかないので植木屋さんにお願いすることにしました。
ネット検索で見つけた植木職人さんにとりあえず見積もりをしてもらったところ、税込76,500円。
家のメンテナンスをお願いしていたN村不動産に見積もってもらった額の半額以下でした。

職人さんによると、庭木剪定の見積もり算出は

『剪定対象の樹木(種類と高さ)ごとに単価が決まっていて、 それらを足した額に剪定後の枝葉処分代20%をかけたものが総見積額』

とのことでした。素人からしてもわかりやすい見積もりです。
樹木それぞれの単価は教えてもらえるので、予算に合わなければその分対象の樹木を減らせ(自分でやれ)ばいいだけです。
先日のスターロジックカンファレンスで聞いた「マジカ!」の見積もりコンセプトに似てました。
要件定義カードはシステム開発を近代化するか - @IT

人月単価見積もりによる顧客不満足をきちんと解決していた植木職人さん、リスペクト。
来年もリピートさせてもらいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です