マップコンテンツ

昨日の昼、TBSテレビで『灯油マップ』が紹介されました。

おかげでその直後からサイトへのアクセスが集中するわけですが、いつもと違って今回はやはり『マップ』ページへのアクセスが集中しました。

なんと、マップのAJAXアクセスが、都道府県ランキングページの6倍強。(いつもは2倍程度)
そもそもページのリロードが発生しないAJAXコンテンツは広告収益をあげにくく、現状では極端言えば収益を産まずにリソースを無駄食いする厄介者です。

その理由は、広告の価値基準がインプレッションベースだからなわけで、できれば、ユーザの滞在時間ベースに変えてほしいですね。ほんと。

そういう広告システム、誰か作ってくれませんかね。

ちなみに、地図上の広告表示に関しても壁があるようで、日本ではコレが1999年に成立しているそうです。

AdSenseがGoogleマップに表示できないのもそのあたりの絡みらしいですが、Googleほどの会社ならまとめて買収できちゃったりしないんですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です