VirtualPCでIE6動作確認


IE8がリリースされているというのに…

「全セッションの36%ほどがIE6ですよ…」と、Analyticsが報告してきました。ちなみに、IE6~8をあわせると、全体の85%。

既にIE6はサポートが終わっているというのに、1/3超えるとはなかなかしぶといですね。

動作保障環境に含めるのは厳しいところですが、サポートするうえでIE6だとどういう状況なのか軽く把握しておこうかなということで、今更ですがWinVista環境にVirtual PCを入れてみました。

  1. MSのサイトから『Virtual PC 2007 – 日本語(/setup.exe)』をダウンロード&インストール。
  2. MSのサイトから『Internet Explorer Application Compatibility VPC Image』をダウンロードして解凍。
  3. Virtual PCを起動して適当に進んでOSにXPを選択。
  4. “バーチャルハードディスク”に2の解凍した.vhdファイルを指定。
  5. 起動。
  6. MSフォントをドラッグ&ドロップでVirtual PCにインストール。

という手順で出来上がり。早速サイトの状況を見てみると…CSSのずれは生じるものの、ログインもYahoo!地図もGoogleMapも動いてます。どうやらIE6に限った大きな問題はなさそうなのでほっとしました。

さて、では引き続きバグ退治&改善作業…。

VirtualPCでIE6動作確認” への5件のコメント

  1. 家族の PC を見ると Windows Update なんてやってないですね。
    昔々、IE5 なんてものが出たときも IE3 を使い続ける人とかいましたし。
    インストールされているものを使い続ける家電感覚の方が多いということではないでしょうか?

  2. > 某だるまさん
    IETESTER早速インストールしてみました。・・・IE6だとマップの機能がちゃんと表示されてませんでしたToT
    VirtualPCに入れたIE6だと動いてるのに。。う~ん。

    > shigelさん
    サービスによって、そのユーザのPCに対するリテラシーってずいぶん違うんですよね。ガソリンは結構古いままの環境のユーザさんが多いようです。

  3. IETester最初はエラー出ましたけど、
    リロードしたら見れましたよー、ガゾリンマップ。

    変なところは特に感じなかったっす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です