RunKeeperを自転車で使ってみた!


RunKeeperというiPhoneアプリがどうやら身体にイイらしいというツブヤキを見て、早速インストールして走ってみましたよ。

RunKeeper

英語の説明しか無いようなので細かい機能はまだよく把握してませんが、とりあえずAppStoreからFree版をダウンロード。メアドとパスワードを入力すると確認メールが送られてきて登録完了します。

あとは[Start]-[Activity Type]からCyclingを選んで[Start Activity]をタップするだけ。


さぁ、記録開始です!

今日は修理から上がってくるブレ号を引取に、武蔵小山から国道246号を下って横浜インターのそばまで行ってきました。

出発時点でiPhoneのバッテリーは9割ほど。ちょっと不安だったので、念のため「SANYO eneloop stick booster」もあわせて持参しました。


多摩川沿いではお花見しないともったいないと思っちゃうほど桜が満開でしたよ。春ですね。

相変わらず交通量の激しい246は正直自転車には向いてない道ですが、コース的には登りと下りが交互に現れて飽きない感じ。

1時間18分で目的地に到着。バッテリーの警告メッセージは出てたものの、なんとか無補給で済みました。

走行中の画面は全く見てませんが、Activityを記録してWEBサイトで確認するとこんな感じです。

いやーこれは楽しいですね。

RunKeeperのサイトでもっと詳細の走行記録が見れます

電波が通じないエリア(佐渡とか富士とか)でも使えると嬉しいんですけど、どうなんですかね。

RunKeeperは自転車以外にもジョギングやいろんなモードに対応してるので、普段、運動モチベーションがなかなか上がらない方にも是非オススメしたいアプリでした!

※バッテリー的にはやはり1時間半ぐらいが限界っぽいので、予備バッテリー併用した方がいいのかも。

RunKeeperを自転車で使ってみた!” への1件のコメント

  1. ピンバック: Twitter Updates for 2010-03-09 « ogaworks – Twitterまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です