ドキュメント

「このプロジェクトで必要なドキュメントとは何ぞや」ということを見極めることができることが、プロジェクトをスムーズに進められる技術だと実感したひと月でした。

せいぜい数年しか使わないシステムにクライアントが求めるものは、そんな分厚いドキュメントじゃない。

要件を満たすシンプルなシステムと、ミニマムのドキュメント。

数千万円するフェラーリ買ってもマンション買ってもそんな設計書は付いてこない。

要はクライアントの満足かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です