クイジナート DCC-2000JBS壊れてDCC-590PCJ 導入。

cofee
歯のホワイトニングをしてからというもの、珈琲は歯に当てないように飲む癖が付きましたよ
(たぶん意味はないんですがw)

1年半ほど前に購入して使っていたCuisinart コーヒーメーカー 12-Cupプログラムコーヒーメーカー ステンレス DCC2000JBS、ある日突然電源が入らなくなってしまいました。

メーカーに電話してみたところ、「保証期間終了後は10,800円で一律交換」とのこと。修理してくれないんですね。。。

ならば自分で・・・と思ったんですが、電源部分まで到達するには、うちにある工具では無理でした。(特殊形状のドライバーが必要で)

ちなみに、価格.comのレビューを見ると

『保証期間タイマーが・・・』 クイジナート DCC-2000JBS えばきちさんのレビュー・評価

もしかすると、案外壊れやすいのかもしれませんね。

というわけで、新しいコーヒーメーカーを導入しました。

クイジナート DCC-590PCJ 10-CUPミル付き魔法瓶仕様オートマチックコーヒーメーカー

Cuisinart DCC-590PCJ
懲りずにまたまたクイジナート。見た目で選んでますw

ちなみにAmazonで14,900円、COSTCO(コストコ)だと1万円ほどでした。

今度のはミル付き、保温魔法瓶付きです。

Cuisinart DCC-590PCJ
(左)旧:DCC-2000JBS (右)新:DCC-590PCJ

Cuisinart DCC-590PCJ
HWD、サイズはほとんど変わりません。プラスティック部分のつくりが微妙なのはどっちも同じレベルです。

Cuisinart DCC-590PCJ
保温ポット。

Cuisinart DCC-590PCJ
DCC-590PCJはミル付なので、この上の蓋を・・・

Cuisinart DCC-590PCJ
パカっと開けて、豆と水を入れてスイッチを入れると、グラインド~抽出してくれます。

コーヒー粉から抽出する場合は・・・

Cuisinart DCC-590PCJ
横のボタンを押すと・・・

Cuisinart DCC-590PCJ
ホルダーが開いて・・・

Cuisinart DCC-590PCJ
ここにコーヒー粉をセットして抽出します。紙フィルター不要となってますが、セットした方がいいですね。

DCC-2000JBS も DCC-590PCJも基本的にはじっくり美味しいコーヒーを淹れるというよりは、日々ガンガン飲む人(家庭)向けって感じですね。

さぁて、今度はいつまで動き続けてくれるかな?

クイジナート DCC-2000JBS壊れてDCC-590PCJ 導入。” への1件のコメント

  1. ピンバック: Twitter Updates for 2010-06-22 « ogaworks – Twitterまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です