iPhoneアプリ「東京時層地図」買ってみた!

東京時層地図
うち、ココです。

※文明開化期(明治9-19年)ですがw

9月24日にリリースされたiPhoneアプリ「東京時層地図」がどうにも気になっていたので、勢いつけてポチってみました。

東京時層地図

これ、東京の地図が時代毎に切り替え表示できるアプリなんですが、Googleマップ同様、スクロールや拡大縮小、そしてGPSによる現在地表示もできるんです。

この地図を持って、近所をぷらぷらあるいてみると、昔からある道路や建物とかを「へぇ~」とか言いながら歩けるのが超面白い!

例えば、武蔵小山周辺だと今は無くてはならない補助26号線も、昭和初期(昭和3-11年)にはまだ無かったり、目黒郵便局前のNTTの敷地は大正初期には北里研究所だった(林業試験場 目黒区)とか。

『文明開化期(明治9-19年)』の三軒茶屋なんて、まるで時代劇の風景が目の前に広がる感じですよ!
三軒茶屋の風景

このアプリをiPad+3Gに入れて、グリグリしながら散歩したーいっ!!(iPad持ってないし、対応機種はiPhoneだけのようですが)

東京時層地図
※10月末までキャンペーン価格だそうです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です