coreserver.jpの負荷

去年から使っているcoreserver.jp、最近どうも重い。

ちなみについ先ほどの様子。

top – 12:59:23 up 19 days, 7:17, 1 user, load average: 13.25, 12.36, 10.21
top – 13:05:23 up 19 days, 7:23, 1 user, load average: 9.29, 11.40, 10.76

詳細を見てみると、%CPUを食っているのはアカウント「*****」の『mt-xmlrpc.cgi』。

「site:*****.sXX.coreserver.jp」で検索してみると、「○○に関するサイト」と題するサイトが100近く出てくる。

これらは全て3つのドメインから派生するサブドメインのサイトで、3つのドメインは全て2008/1/1 created。

エントリーはどっかのブログの転載っぽい。

まとめてみると・・・

  • サブドメインをキーワード別に100個ぐらい用意。
  • MovableTypeでそれぞれのサイトを構築。
  • サブドメインごとに設定したキーワードについて書かれたブログを検索。
  • 見つけた記事をXML-RPC使って自分のサイトにバンバン更新する。
  • 全自動で。

と、想像してみた。

こういうサイト、最近急激している気がするけど、SEOとかの技なのかな?

まだまだ知らないことがたくさんあるなぁ。

(2008/3/7 追記)
状況は更に・・・(^^;)
top – 18:18:13 up 20 days, 12:36,  3 users,  load average: 32.85, 30.01, 19.88

coreserver.jpの負荷” への2件のコメント

  1. はじめまして。

    この手の記事をまとめて、情報商材として、売っていたりしますね。
    記事をコピペで作って、ブログをとにかく量産して、Adsenseなどで稼ぐようです。

    下手な鉄砲数うちゃあたる…みたいな。

    たまに、その手のトラックバックが飛んできますが、迷惑なので、スパム指定していますが。

  2. どうやら『スパムサイト』という言葉もあるようですね。
    こういう手法でも収益が上がるってのは、広告主にとってはどうなんですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です