過去帖を見てきた

過去帳
週末は、法事で田舎に行ってました。

行きは羽田空港から広島空港までANAで、帰りは福山駅から品川までのぞみ。

飛行機だと1時間ちょっとなのが、新幹線だと3時間半。

やっぱりチビちゃん達がいると、乗り物に乗る時間の短い飛行機が楽ですね。

個人的には、旅してる感の高い列車の方が好きなんですけど。

で、今回は帰省のついでに「過去帖」をチェックしてきました。

「過去帖」というのは、故人の戒名や俗名、死亡年月日が記載してある帳簿のこと。

普段は仏壇に入っていて目にすることは殆ど無いんですが、法事などの際に登場します。

ちなみにこれを見ると、記載はご先祖様の勤め先が潰れて農業に職を変えたところから始まってるようです。

冠婚葬祭のタイミング以外ではあまり親戚間の交流機会も多くないので、「過去帖」や親戚関係の情報を活用して、何か親戚交流促進できたら面白そうです。

過去帖を見てきた” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です