タノシミ!

午前中1件、午後1件と今日はテレビ局の取材が2件。
そのうちひとつは明日のサンデースクランブルで放送予定です。
ココのところ、取材攻勢で忙しかったのですが、今日は待ちに待った納車の日でした!

ブレイザー

どちらかというと今まではモータースポーツ派だったので、今回のシボレーは今までいろいろ乗ってきた中で、一番排気量の大きいクルマです。
4.3リッターのV6。普通に走るなら2,000回転以下でも十分な感じ。で、ボカっとアクセルを踏み込むと2トン弱のボディをドロロロ!!!と強引に押し進める感覚は、今まで国産車では味わったことのない感覚。『相撲取りに背中を押されて躊躇する間もない』感じです。

ガソリン価格高騰やエコとはかなり逆行気味ですが、スーパーカーブーム世代としてクルマに対するムズムズは抑えちゃいけない気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です