Amazon EC2 Reserved InstanceのOffering Typeって

Purchase Reserved Instances
Reserved Instanceの購入をしようとしたら、見慣れない項目が。

プルダウンを開くと、

  • Light Utilization
  • Medium Utilization
  • Heavy Utilization

と、3種類選べて、選択すると「One-time fee」と「Hourly usage fee」が切り替わります。

Offering Type One-time fee Hourly usage fee 1年間合計
Light Utilization $72.00 $0.054 $545.04
Medium Utilization $168.00 $0.036 $483.36
Heavy Utilization $205.00 $0.026 $432.76

* Platform:Linux/UNIX, Instance Type:m1.small, Availability Zone:ap-northeast-1a, Tenancy:Default, Term:1year, Quantity:1 の場合

同じ1年のReservedInstance購入でも、3種類の支払方法が選択できるってことなんですね。

更にTearm:3yearだと…

Offering Type One-time fee Hourly usage fee 1年間合計
Light Utilization $111.60 $0.043 $413.88
Medium Utilization $262.50 $0.029 $341.54
Heavy Utilization $315.00 $0.021 $288.96

ちなみに、オンデマンドインスタンスだと、上記と同一条件でHourly usage feeは$0.092なので、年間合計は$805.92。

なお、各Offering TypeがLight/MediumとHeavyでは課金方法が少し異なるようです。

Amazon EC2 リザーブドインスタンス