武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業

武蔵小山
2006年7月に武蔵小山の東急目黒線が地下化してから、はや6年。
駅前は新しく駅ビルが建ち、ロータリーなども整備されたりしてガラっとイメージが変わりました。
そして今度はなんと武蔵小山駅の目の前に…

(あくまでイメージ)こーんな超高層ビルが建つらしいですよ…(゜o゜)
武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業
一瞬、「武蔵小杉の間違いじゃ…?!」とか思ってしまうほどの衝撃。

武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業
ビルの1~3階は商業施設、3~39階が住宅用途(全640戸)。
その他にも公共駐輪場や防災設備倉庫も備えるらしいですよ。

武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業
区画の一部はパルム商店街にも接してます。

武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業
オレンジの部分が今回の再開発地域。

そして、高層ビルはこれだけでは無さそうな…
武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業

高層ビルがムサコの街にどう変化を与えるのかわかりませんが、活気や賑わいのある安全な街であり続けて欲しいですね。

※本エントリーは武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業説明会で配布された未確定の計画及びイメージを元にしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です