サイト立ち上げについて(参考までに)

ガソリンサイトを運営しているおかげで、サイト立ち上げに関する質問メールをたまにいただきます。

「サイトを立ち上げたいんだけど、何の勉強からすればいいんでしょうか。」

とか、

「運営のコツがあれば教えてください」

とか。

その方の経験やスキルによって質問の内容はいろいろなので、その都度、内容にあわせて返事を書いてます。

今日も質問メールをいただいて返信させてもらいました。せっかくなので、今日はその一部をブログにアップ。

作りたいのとそっくりな構成のサイトを探す

画面の流れや配置などは、全部自分で完璧なものを考えるのは大変です。

SNSやブログ、比較サイトや情報サイトなど、それぞれ必要な機能も違ってきますので、まずはそっくりなサイトを見つけて自分の作りたいサイトのイメージを膨らませると良いと思います。

必要最小限の機能で、まず公開する

いろいろ作っていくときりがないのと、どういった機能がサイトの利用者にウケるかもなかなかわかりません。なので、まずは期限を決め、必要最小限の機能+コアになるコンテンツでリリースするのがいいと思います。

なにより、全部盛りのようなサイトを作っていると、リリースまで自分のモチベーションが維持できません。。

実装にはフレームワークを使う

PHP+MySQLであれば、CakePHPなどのフレームワークといわれるものを利用してサイトを作ると良いと思います。

フレームワークには基本的な処理と構造が用意されているので、0から作るより遥かに効率よくラクです。

リリースしたあと

まず、記念すべきユーザ第1号は自分です。なので、自分が楽しいと思えるようなデータなりコンテンツをどんどん登録するといいと思います。。毎日アクセスしても飽きないことが必要な気がします。

2回目にサイトを訪れたときにコンテンツが変わってないと、恐らくもう3度目は来ないかと。。

ユーザ参加型サイトの場合

ランキングとかポイントとか、参加ユーザの存在感をユーザ自身の手で高めていけるようなコンテンツがあるといいと思います。

それと、サイト運営者から見るとユーザさんはいっぱいいても、ユーザさんにとって運営者は一人なので、問い合わせやリクエストなどのメールはできるだけきちんと返してあげるといいと思います。一緒にサイトを盛り上げていく感じで。

サイト成長の指標について

サイトをリリースしたら、何かしらの要素をもってサイトの成長を見ていくといいと思います。

ユーザ参加型のサイトであれば、登録者数や投稿数、情報サイトであればページビュー等です。また、GoogleAdSenseで上がる収益も、サイトの「価値」という面で指標になると思います。

という感じです。

こういった質問メールに考えながら返事を書いてると、自分でも「あーそういえばそうだったなぁ・・・」と思うことがいくつもあって面白いです。

○今日のサイクリング

コース:自宅~多摩川CR~登戸~世田谷公園
走行時間:1:22:34
距離:31.61Km
平均速度:22.9Km/h
最高速度:45.1Km/h
ODO:256.4Km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です