第6回ツール・ド・宮古島2013 に参加してきました!

IMG_7766
久々のチャリンコイベントで初宮古島上陸。

沖縄に引っ越してきたら宮古が近くなったので、参加しようかどうか迷っていた自転車イベント、
第6回ツール・ド・宮古島2013
ツール・ド・宮古島2013
締切日翌日に「あっ、エントリー忘れてた!」とサイトをチェックしたら“募集期間延長”の文字が!

「これは僕のエントリーを待っているに違いない!」と気付き、飛行機と宿の空き状況を確認してからポチッとエントリー。

エントリーしたのは、100kmサイクリングの部。
バリッとタイムを競う100Kmや100mileのロードレースの部というのもあったんですが、久々の自転車イベントだったので今回はサイクリングで。

エントリーフィーはサイクリングで5,000円。

今回は、家族は留守番で自分ひとりで行くことになったので、宿泊も安めに抑えて一泊3,500円!

宮古までのANA特割が片道5,000×2円!

合計18,500円!!

という感じで、特に練習もせずに前日宮古島に乗り込みました。

IMG_7580
那覇から石垣や宮古などの離島に向かう便って結構あるんですね。

IMG_7589
ANAやSKYMARKは出発口Bから。

IMG_7592
出発ロビーのLGテレビの下にはケータイの充電端子がズラリ!
iPhone5のLightning端子も有って素敵!

IMG_7597
1時間ちょい遅延して搭乗開始。

IMG_7600
ちなみに自転車は超薄型軽量の輪行バックに入れて預けました。
「壊れても文句言わないからよろしく頼む」の書類にサインして預けます。
追加料金は無し。

IMG_7603
宮古空港にはあっという間に到着。
直ぐに自転車を組み立てて、荷物を置きにまずは宿に向かいます。

IMG_7620
今回宿泊した3,500円の部屋。ワンルームアパートそのものでした。
ここで荷物を下ろしたら、受付は明日の本番前なので今日は特にやることもなく島内をポタリング。

IMG_7624
見所は意外にあるらしい。

IMG_7621
仲宗根豊見親の墓

IMG_7625
人頭税石

IMG_7628
ポストを撮ってアップしたり、

IMG_7634
電気自動車充電器を撮ってアップしたり、

IMG_7658
ガソリンスタンドを撮ってアップしたり、

IMG_7652
近日公開予定のサービスの問題を設置してまわったり…

IMG_7673
この日の日没は19:30でした!

IMG_7685
そして翌当日、天気は快晴!

IMG_7693
参加者百数十名のイベントなので、スタート前ものんびりした感じ。

IMG_7701
スタート直前。

IMG_7702
「いってきまーす!」

天気はいいし、スタート前に話した人曰く「勾配殆ど無い」ってことだし、佐渡で200km走ったこともあるし余裕でしょ!
と、たかをくくってスタート。

IMG_7703
後ろお借りしまーす。

IMG_7712
池間島に渡る橋、気持ちいい!

IMG_7719
スタンドラリーも欠かしません。

IMG_7722
チェックポイントでは係員によるサインを貰う方式。

IMG_7732
そしてまた橋を渡って宮古島へ。

と、ここまでは快調に走っていたんですが、突然足元から…

「バキン!!!!」

とすごい音が…

一瞬何が起きたかわからず、とりあえずこぎ続けます。

ツール・ド・フランスなら、ココですかさずチームカー登場!機材交換!
なはずですが、ここはツール・ド・宮古島。

こぎながら自転車をのぞいてみるとどうもフロントのシフトワイヤーがたるんでます。
IMG_7737
ワイヤーが切れたか外れたのかな?と、写真を撮ってみたり。

IMG_7739
直ぐ先にASがあったので補給ついでに状況を確認しようと自転車を停めると…

IMG_7744
か、完全に折れてる…orz

この時点で約40/100Km、残りまだ60Kmもアルですよー!

フロントのディレーラーが折れると、左手のシフトレバーでギヤチェンジができないので、
1.ずっとインナー(軽いけどトップスピードは遅い)
2.ずっとアウター(速いけど登り坂が重い)
のいずれかキープに。

しかも、誰だ「勾配無いよ」って言ったの!

IMG_7748
とりあえずバナナをやけ食いしたあと、

IMG_7749
比嘉ロードパークのメカニック車にあきらめ気味にご相談したところ、

なんとクルマに105のディレーラー在庫があった!!

んですが、固定方式が違って使用できないとの残念なお知らせ。

色々と相談して、チェーンが引っかかる折れたディレーラーの残骸はきれいサッパリ撤去し、この日残りはアウター固定で走ることを決意。

メカニックのおじさんに「ここから勾配増えるからね!」って嬉しい応援をもらって再スタート。
そこそこ時間を費やしたので、この時点でほぼビリだったんじゃないですかね。
制限時間超えリタイヤだけは避けたくて、ガシガシとアウターでこぎまくりました。

IMG_7753

IMG_7754

IMG_7758
東平安名崎灯台。

IMG_7761
エイドステーション。
氷水をかぶって、灼熱の太陽に熱せられた頭や腕を冷やします。

IMG_7762
アウター固定になったとはいえど、もちろんサービスのデータを作ったり、

IMG_7769
電気自動車充電器のチェックもこなして行きます!

IMG_7790
宮古島を走って思ったのは、佐渡ロングライドに似てるなーということ。
佐渡の海を青くして、田んぼの稲をさとうきび畑に置き換えたら宮古島な感じで。

IMG_7797
チェーン落ちまくりで真っ黒になる手を洗い流しつつ、頭も冷やしつつ…

IMG_7800
飛び込みたくなる海。

IMG_7806
この日一番印象的だった景色。

IMG_7822
なんとかゴール!

なんと長い100Kmだったことか。

IMG_7823
日焼けどめを忘れた腕はこんなに…

とはいえ、一応完走したので完走記念パーティーにひとりで出かけました。

IMG_7824
オツカレビール!

IMG_7831
肉と泡盛!
宮古の泡盛、豊見親(とぅいみゃー)美味い!

IMG_7833
もういっちょ肉!

カウンターに隣り合わせた地元の方と記憶が定かじゃなくなるほど呑んで帰宅、就寝。

翌日は夕方の便で沖縄本島に戻る予定なので、残る体力と日差しと相談し、きれいですよ!と噂の与那覇前浜ビーチへ行ってみることに。

IMG_7854
これは凄い!

IMG_7852

IMG_7872
海水が完全に透き通ってます!

IMG_7884
なんという綺麗な景色なんだ…

IMG_7870
きめ細かい砂…

IMG_7877
そんな砂浜がずーっと続いてます。

これは家族を連れてきたら感動するだろうなぁ…

IMG_7937
海を堪能したら空港まで戻って自転車を預けて、

IMG_7934
那覇へ!

IMG_7948
降ろされたチャリは直接手渡しされます。

ちなみに、空港で一番良く見た輪行バッグはコレでした。
飛行機での輪行には定番なようです。

OSTRICH(オーストリッチ) OS-500トラベルバッグ ブラック – Amazon.co.jp

という訳で、初上陸&初挑戦のツール・ド・宮古島でした。

IMG_7952
来年はぜひ、ロードレースの部に出られる体力をつけておきたい!

そして、宮古島オススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です