筋性腰痛症


* 揚州商人の餃子

昨日は午前中から予定が入っていたので、いつものクルクル回せ!往復ではなく、ガソリン価格調査もかねて二子玉川~丸子橋経由の短めのコースを回ってきました。

走行時間:0:56:05
距離:21.52Km
平均速度:23.0Km/h
最高速度:45.6Km/h
ODO:831.2Km

帰宅後、少し仕事をこなした昼頃から身体に異変が。

なんとなく、腰に「ずーん」という違和感を感じるようになりました。

それでも、午後は丸の内で打ち合わせ(+POINT ET LIGNE)だったので、文字通り重い腰をあげて外出。

歩く分にはあまり痛みもなかったんですが、打ち合わせスペースがソファだったせいか、終わって立ち上がろうとした頃には、声にならない痛み・・・。微妙な前かがみで退席してきました。

それから、夜になるにつれて痛みはどんどんアップ。

そのうち、サイトの修正やメールチェックをこなすのもおぼつかなくなって、深夜2時頃にはもうひとりで歩けない状態に。。

思わず、近所の大学病院の救急外来に行こうと思い電話するも、「重篤患者で対応不可です」というツレないお返事が。。

自分の場合は腰痛で歩けないだけなので断られても仕方ないけど、コレが出産寸前の妊婦さんだったらシャレにならないほど辛いだろうなぁ・・・と、たらいまわしのニュースをいつもより少しだけ身近に思い出しながら、朝までじっと待つことに。

そして朝8時。「なんだかんだいって、寝れば治っちゃうんじゃないの?」的な、淡い希望もこっぱみじんに打ち砕かれて、もうひとりで起き上がることすらできません。

生まれたての子羊にも笑われそうなヨロヨロ姿で、どうにかタクシーに乗って病院へ。

レントゲンを撮った結果、「筋性腰痛症」との診断を受けました。

要は、運動による筋肉の急激な負荷・過緊張が原因のぎっくり腰らしいです。

目先の治療としては、痛み止めや湿布などで大丈夫とのことで、数日で痛みはひくとのことでひと安心しました。

安心ついでに、4枚撮った背骨周辺のレントゲンを見ながら、背骨系でヤバそうな(ヘルニアとか)兆候みたいなものが見られるかどうかも聞いてみましたが、背骨の並びや間隔などはきれいだそうで、今のところは全く問題ないということでした。

少しは楽になるということで、薬とは別に、その場で腰痛ベルト(コルセット)ももらって帰りました。

 

今回の腰痛、グギ!というぎっくり腰ではなく、考えられる原因は最近の自転車の過負荷。

単にガンガン乗るんじゃなくて、前後のストレッチや姿勢やフォーム、疲労回復など、いろいろ考えて乗らないとダメなんですね。(若くもないし)

「しばらく乗れないんですかね?」と聞いてみると、「筋肉性の痛みなので、乗って悪化するとかいうものではないですよ」とのこと。ホッ。

痛みがひいたら、今度はジムでのストレッチやヨガも組み込んでいこうかなと思いました。

37にして初の腰痛。いやぁ、勉強になりました。

筋性腰痛症” への4件のコメント

  1. 僕もベッドから起き上がるのがキツく感じる程の
    腰痛に悩まされています。
    それはそれは、あまりの痛さに笑っちゃう程。
    毎夜、奥様にマッサージをしてもらい
    痛みから逃げていましたが
    最近、整体に行ってマッサージを受けてきました。
    痛みが無くなる事はないけど、少しずつ治ってきています。
    なんどか通えば良くなると思います。

  2. 僕もこの夏はずっと腰痛に悩まされてました。整体に行ってマッサージ、だいぶよくなってきたころに水泳、でいまはほとんど痛くなくなりましたが、痛かったときは気分まで落ち込んでしまってつらかったです。
    ヨガはよさそうですね。お互い気をつけましょう。

  3. コメントありがとうございます!
    週末は無理せずにゆっくりしていたせいか、どうにかひとりで起きて歩けるようになりました。・・・とはいえ、まだ進化の途中で前のめりの人類みたいな状態です。ホント、腰痛って怖いですねー。

  4. ピンバック: 茅ヶ崎自転車日記» ブログアーカイブ » the波乗りレストラン&腰が・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です