我が家に MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015) が来た!

IMG_7255新しいMBPが我が家に届いたので、記録エントリー。

Apple (日本) – Apple Press Info – Apple、感圧タッチトラックパッドを搭載した15インチのMacBook Pro、そして新しい238,800円のiMac Retina 5Kディスプレイモデルを発表

今回届いたMBP(15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル)は2015年5月19日に発表された新機種で、その特徴は以下の3点。

  • 感圧タッチトラックパッド
  • より速いフラッシュストレージ
  • より長いバッテリー駆動時間

スペックは、

プロセッサ:2.5GHzクアッドコアIntel Core i7
メモリ:16GB 1,600MHz DDR3Lオンボードメモリ
ストレージ:512GB PCIeベース フラッシュストレージ
グラフィック:Intel Iris Pro Graphics AMD Radeon R9 M370X
標準解像度:2,880 x 1,800ピクセル(Retina)
光学ドライブ:なし(外付け)
重量:2.04 kg

という感じ。

ちなみに、今まで使っていた Macbook pro Early 2011は、

プロセッサ:2.3 GHzクアッドコアIntel Core i7
メモリ:4 GB 1333 MHz DDR3
ストレージ:750GBシリアルATA、5,400rpm
グラフィックス:AMD Radeon HD 6750M 1024 MB
標準解像度:1,440 x 900(フル解像度)
光学ドライブ:8倍速SuperDrive(DVD±R DL/DVD±RW/CD-RW)
重量:2.54 kg

というスペックでした。

もう、この性能差は歴然。実際に起動してみても、何もかもサクサクだし、画面はきれいだし、静かだし、軽いし、不満に感じる点はひとつもありません。

新しいMBPで、これからも楽しく便利なサービスを創っていきたいなと思います。IMG_7259 IMG_7261 IMG_7264 IMG_7270 IMG_7271 IMG_7273 IMG_7311_2 IMG_7322 IMG_7315_2IMG_7318_2

ちなみに、今回の新MBP導入は、リペアエクステンションプログラム対象の故障&ロジックボード交換修理を何度も何度も繰り返して、既に満身創痍だったMBP Early 2011が、先月またもや同じ現象で故障したため、再々・・・修理のために電話したAppleサポートが提案してくれた “修理ではなく現行品との交換” という神対応によるものでした。

norifumi ogawaさん(@ogaworks)が投稿した写真

度重なる故障で相当苦労もさせられたけど、4年にわたって四六時中共に作業してくれたMBP Early 2011、今までどうもありがとう!IMG_7286

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です