H-IIAロケット30号機の打ち­上げを見に種子島へ

tanegashima

唐突にロケットの打ち上げが見たくなったので、行くとするとどんな感じなのかちょっと調べてみたメモです。

まずは、直近の打ち上げがいつか確認するためにJAXAのサイトを開いてみると、プレスリリースが見つかりました。

JAXA | H-IIAロケット30号機によるX線天文衛星(ASTRO-H)の打上げについて

打上げ予定日 : 平成28年2月12日(金)
打上げ予定時間帯 : 17時45分~18時30分(日本標準時) (※)
打上げ予備期間 : 平成28年2月13日(土)~平成28年2月29日(月)
打上げ場所 : 種子島宇宙センター 大型ロケット発射場

なんとタイミングよく、来月の打ち上げ予定がありました。

では、打ち上げまで1ヶ月を切った今から諸々手配して、種子島に行けばすぐ観られるんでしょうか?

種子島宇宙宇宙センターに電話して聞いてみました。

オガ「ロケットの打ち上げを見に行きたいんですが、制限や事前申し込みなどはありますか?」
センター「公園や展望台で観て頂く分には自由です」
オガ「港から見学場所へのバスとかはありますか?」
センター「一部の展望台には近くに路線バスが通っていますが、レンタカーがおすすめですよ」

ということでした。さっそく島内のレンタカー各社に電話してみたところ、既に空きはなくほぼ全滅でした。※1店舗だけ軽バンならどうにかOK

次に、種子島観光協会へ電話してみました。

オガ「ロケットの打ち上げを見に行きたいんですが」
協会「見学バスが有りますよ。今ならまだ席も空いてますよ。」
オガ「じゃぁ、鹿児島からのフェリーを確保すれば行けるんですね!」
協会「はい。但し、鹿児島へ帰るフェリーは翌日の便になるので宿に泊まる必要がありますね」

ということで、今度は観光協会に幾つか民宿の電話番号を聞いて問い合わせてみると、たまたまキャンセルの出た宿で、6畳朝食付き3500円/人なら空いてるとのことでした。

ちなみに、鹿児島から種子島への船 は高速艇(片道1時間半)とフェリー(片道3時間半)と2種類あって、高速艇は要予約、フェリーは予約不要で行けば乗れるとのこと。

そして、那覇から鹿児島までの空路はソラシドエアで、片道15000円前後で空席ありの状態でした。

という訳で、1ヶ月前からの手配でもロケット打ち上げは見られる!ということがわかりました。

とはいえ、家族4人の交通費+鹿児島での宿代となるとそれなりの額になりそうなので、今回は見送りとしました…(涙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です