13漕 楚辺海岸〜残波岬

dscn4792

今日はNさんとの月例漕ぎ。

出発は9時頃。風は南東4m/s前後ということで、西側の楚辺から出ることにしました。

dscn4800

今日の目的地は楚辺から北上しての残波岬。初ルート。

dscn4809

都屋の漁港を抜けて、読谷村最大のホテル日航アリビラの前を通ります。ホテルから海を眺めたことはあれど、海から眺めるホテルも中々の眺め。建物自体は巨大だけど、砂の色に近い壁や赤い屋根が、周辺の風景に馴染んでる感じ。

dscn4817

アリビラをすぎると残波岬の灯台が見えてきます。その先は、リーフの外。

dscn4822

今回の往復ポイントは残波岬沖の岩礁。ここに来るまではかなりの追い風だったので、随分楽々と来てしまいました。この時点で10:30。

dscn4827

ここまでがだいたい6km。このあたりに来ると風がかなり強くなっていて、風速7mぐらいはあったような気がします。

dscn4836

さて、帰りは思いっきり向かい風。少しでも風の抵抗を減らそうと少し前傾になったりして、でも慌てずパドリングを続けて少しずつ前進。

dscn4844

曇りときどき雨?的な予報だったはずなのに、途中からは日焼けするほどの好天に。

dscn4847

なんとか都屋の漁港まで戻ってきました。港内には釣り人がちらほら。

dscn4853

そして12時、楚辺の浜に帰着。

距離にして約13km。途中の休憩入れて約3時間のカヤッキングでした。

風のお陰で久々にガッツリ漕いだ疲労感が心地いい感じに。Nさんありがとうございましたー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です