4漕 嘉陽

今日はNさんとの月例漕ぎで久々に嘉陽にやってきました。

寒波襲来中の沖縄は寒い日が続き、この日も最高気温16度という感じ。流石に海パンTシャツだと寒そうなので、上にはヒートテックの長袖にTシャツ、下はマラソン用のロングタイツに海パンという格好で出ました。足元は安定の裸足にギョサン。

針路は一路バン崎方面へ。

時折日差しも出てきたり、おもったよりも寒くなくて軽く汗ばむほど。しかも、海水暖かい!

カヤックを漕いでいるとゆっくり水中を眺めるタイミングもなかなか無いのですが、期待を裏切らず、透明度は素晴らしいです。ジュゴンはリーフの外なのかな。

ミルフィーユのような岩の横やバン崎を過ぎると、正面からの風と波が強くなってきました。リーフの外から入ってきている波もそれなりにあるっぽいので、気をつけながら進みます。そして、ずんずんずんずん進んでいくNさんについていくと・・・

天仁屋崎の島の近くまで来ました。此処から先は未知の世界。

海の色もため息の出るような深い青。パドル1本でこんな景色が見られるんだからカヤックはやっぱり凄い乗り物です。

とはいえ、「どのくらい深いんだろう・・・」「ここで沈したらロールできるかな、できなくても沈脱から再乗艇できるかな・・・」と、考えたくない疑問が頭をよぎりまくります。

この日は風が強いので、ここよりも先はまた次回ということにして、引き返しました。

その後、打ち寄せる波に10〜20m?ほど流されつつも、しっかり波に乗れて沈を免れたことは、この日の最大の収穫でした。

バン崎の手前の浜でひと休憩。林の中には、人気のない宿泊施設もあったり。

天気にも海況にも恵まれて、楽しいカヤッキングができました。

第4漕:11.4Km(2017年累計:25.7Km)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です