WordPressのテーマ「Twenty Eleven」のカスタマイズ

既に2017年なわけですが、Wordpressでは未だに「Twenty Eleven」のテーマがお気に入りです。

いくつかカスタマイズを追加したので、メモエントリー。

投稿ページでもサイドバーを表示させたい

Twenty Elevenはデフォルトだとトップページだけがサイドバー有りで表示できるようです。そのため、投稿ページでは他のページへの遷移が少し苦手です。

幾つか検索してみると、Wordpressのcssやphpファイルを触ってサイドバーを表示させるカスタマイズが見つかりますが、プラグインも有るようなのでそれで対応してみました。

Twenty Eleven Theme Extensions

設定はシンプルです。投稿ページだけサイドバー表示を追加してみました。

見出しをもう少し目立つように

Twenty Elevenの見出しは地味です。見出しなのに余り目立ちません。

なので、少しカスタマイズしてみることにしました。

以下のスタイルを、Twenty Eleven Theme ExtensionsのCustom CSSに追加しました。

.entry-content h2,
.comment-content h2 {
 font-size: 1.4em;
 border-bottom: 3px #cccccc solid;
 padding-bottom: 3px;
 font-weight: bold;
}

.entry-content h3,
.comment-content h3 {
 font-size: 1.2em;
 padding-bottom: 2px;
}

見出しっぽくなりました。

ついでに、引用(blockquote)も調整しました。

blockquote {
 border-left:5px solid #ddd;
 background: #eee;
 padding: 20px;
 font-family: "ヒラギノ角ゴ Pro W3","Hiragino Kaku Gothic Pro",Meiryo,"メイリオ",Helvetica,Sans-Serif;
}

参考にさせていただいたサイトはこちら。

Webサイトを装飾していく時に無視できない要素、見出し・リスト・引用文。特にWordPressでオリジナルのテーマを作る時は、ブログ用にこれら基本の要素すべての装飾もすると思います。

Webサイトの基本要素 見出し・リスト・引用文のスタイルを整える|Webクリエイターボックス

という訳で、「おいそれはいつのネタだ」と言われそうなメモエントリーでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です