IoTランドセル、ヒトデちゃん。

娘たちの忘れ物の多さを解決するために、新たにアイテムが登場しましたー😆

このIoTランドセルは、Googleカレンダー連携機能を搭載したRaspberryPiを搭載しています。

このヒトデちゃんは、前日の夜と当日の朝、時間割とクラブ活動などの予定を音声で読み上げてくれるボットで、娘たちによる製作です。中身には、GoogleカレンダーとSlackとhubotが連携したラズパイをランドセルに積みました。

小学生の娘たちにラズパイのコマンドライン操作は、まだちょっと敷居は高いんですが、raspbianのインストールから各種設定、Open JTalkやHubotのScriptなど、一つ一つ説明しながら作業を進めました。プログラム的な部分は、hubotが呼び出す音声の読み上げ部分ぐらいですが、自分がプログラミングを覚えたのもベーマガの写経だったことを思えば、これはこれでScratchの次のステップの一つなのかなと。

キーホルダーとしてぶら下がっているAmazonDashボタンは、押すと最新のスケジュールを読み上げてくれます。

今後は、カメラを繋げて教室で黒板を撮影したり、いまココ!機能とかを追加したら面白そうだね〜と話してますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です