JBL on station™ micro + iPod nano

JBL on station™ micro
まるで位牌のよう。。。

子供に聴かせるCDやリビングのBGM用にとiPod用のスピーカーを購入しましたよ。

基本的にはiPod nanoを差し込みっぱなしで使いたいので、iPod対応のスピーカー。ネットで色々調べてみると、何気に評価の高かったのが『JBL on station™ micro』です。

値段はAmazonで13,800円。定価の2,000円オフ&送料無料でした。

JBL on station™ micro

届いた!

JBL on station™ micro

開けた!

JBL on station™ micro

どうやらこの製品は、日本市場をあまり重要視していないと思われます。

JBL on station™ micro

この製品は、電池駆動(単4×4)とACアダプタ(100-240v)駆動どちらも使えるところも魅力です。このサイズであれば家の中で持ち運びたい時もあるし。

JBL on station™ micro

早速、iPodユニバーサルDockアダプタをセットして、iPhone をさしてみました。何の不安感もなくグッと収まります。ちなみに、このiPhoneは残念ながら3GSではありません。

JBL on station™ micro

寄ってみます。緑色のLEDが電源ランプです。JBL左右の銀色はボリュームボタン。

JBL on station™ micro

バックから。eneloopで使うので、電源スイッチ以外はあまり使うことはないかな。

JBL on station™ micro

で、iPodユニバーサルDockアダプタを変えて、iPodをさしてみました。コレもいい感じに収まります。右のがワイヤレスリモコン。一連のiPod操作が可能です。

で、聞いてみた感想ですが、想像以上にしっかりした音でびっくりしました。確かに「きっと、2~3,000円のスピーカーよりはマシなんだろうなぁ」程度に期待はしてたんですが、実際には期待以上。最初に子供向けの音楽を流した時はいまいちインパクトも薄かったんですが、クラシックを流してみるとわかりやすく、「あら!低音や高音がしっかり出てるんじゃないの?」という感じで。フツーに聞く分には十分かなと思いますよ。

コードレスのリモコンが必要以上に小さくて、少し持ちにくいかなというのが唯一の難点。でも、子供の手が届かないところに置いて使えるし、eneloop単4の8本セットを買ってローテションすれば邪魔なコンセントも不要です。

ちなみに色はブラックとホワイトの2色。このホワイトの質感やツヤを見てると、なんとなく東京Trooperを髣髴とさせるものがありますね。

ハーマン・インターナショナル JBL on station micro ホワイト ONSTATIONMICROWHTJ

JBL on station™ micro + iPod nano” への1件のコメント

  1. ピンバック: Twitter Updates for 2009-11-20 « ogaworks – Twitterまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です