Instagramで投稿済み写真の位置情報を削除してみた

IMG_8381
自分の中では完全に生活習慣の一部になったアプリ「Instagram」。

以前はスマホアプリの中だけで写真共有でしたが、PCWEBに対応したことで“いつの間にか記録されてる自分のブログ”みたいな位置づけにもなってきました。

http://instagram.com/ogaworks

本家「オガワークスブログ」の立場が…

しかも、先日リリースされた動画対応で、フォロワーさんのPOSTが一層身近に感じるようになって、ますます楽しくなりました。

個人的には、facebookやTwitterよりも気楽に色んな写真をアップしてる気がしてます。

但し、そんなInstagramにも一つ注意点が。

それは、写真の撮影場所をマップに表示される機能です。

写真の投稿時に「フォトマップに追加」をオンにして投稿すると、写真にそれぞれ位置情報が付与されます。

これらの写真は、プロフィールページのマップから一覧で見ることができます。

写真を見てココに自分も行ってみたい!という時には便利です。

但し、自宅からもバシバシ写真を上げてると、こんな感じになります。
IMG_8346
沖縄からのポスト多いね。

IMG_8354
沖縄中部からのポスト多いね。

で、アクティブにポストされてるエリアをズームしていくと、こんな感じになります。
IMG_8361
これでほぼ自宅特定です。

さすがにこれではいくらなんでもアレなので、自宅周辺からポストした画像の位置情報は削除しておくことに。

まず、地図画面を開いて右上の「編集」をタップ。
IMG_8362
これが編集状態です。

左下のマル1をタップして、
IMG_8363
この状態で、右上の「完了」をタップします。

IMG_8365
確認画面が表示されるので、そのまま「承認」。

IMG_8367
消えた!

勿論、写真が消えたわけではなく、位置情報が削除されただけです。

では次は11枚まとめて削除です。「編集」→11をタップ。
IMG_8371
選択画面が出てくるので「すべて選択解除」→「完了」をタップします。

IMG_8373
承認すると…

IMG_8376
地図から消えた!

という感じで、とりあえず自宅周辺だけ位置情報をお掃除しておきました。
IMG_8379

Instagramは、フォロワーさんと相互に画像や位置を共有することで感動の共有や新しい発見もできるとても役立つ楽しいアプリです!

但し、自分が何を発信してるのかできるだけ把握しておくことも大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です