その次。

NO IMAGE

これまでは、コンテンツ中心のConsumer Generated Media。

これからは、ユーザニーズドリブンのサービス開発。

ユーザ参加型サービスから、ユーザ主導のサービスへ。

そんなのも面白いと思う。