預金先の銀行が経営破綻したらこうなるよ

お知らせ
甘い罠に誘われて、気付いたら破綻してましたよ…orz

ちょうど2年前、ポストに投函されていたチラシに驚いてたのが懐かしい。。

10年定期 2.2% 元本保証 – ogaworks

早速うちでも、ものは試しと一部の預金をココの定期に預けてみました。

「最悪でも元本保証だしね」と。

ところが、あれよあれよと問題が噴出し、まさかの「経営破綻…orz」という結末に!

ここであのチラシに書いてあった「元本保証」や「預金保険」の登場です。

ペイオフ (預金保護) – Wikipedia
預金保険 – Wikipedia

今回の預金額はもちろん1,000万円には満たないので、ペイオフ制度での保護対象です。

その預金は、受け皿銀行となる「第二日本承継銀行」に事業譲渡されるとのこと。

預金先の金融機関が経営破綻!とか聞くと一瞬焦りますが、とりあえずはひと安心のようです。

そして元本は保証されるとなると、次に気になるのは今までの金利とこれからの金利・・・

どうなるんでしょうか?

先日、それに関する文書が金融機関から送付されてきました。

答えは「選べる」でした。

その文書によると、預金者が選べる選択肢は、大きく分けて以下3つの方法があるそうです。
(※以下文中の2.2%というのは2009年2月8日時点の10年定期の年利です)

(1)預金をそのまま第二日本承継銀行に引き継ぎ、予定通り満期まで預けるという選択

この場合、「第二日本承継銀行」に事業譲渡されるまでの金利は、当初の金利2.2%を維持。

事業譲渡となる平成23年4月25日以降の金利は、平成23年3月末の都市銀行の1番低い利率が適用されるとのこと。

ちなみに、平成22年11月末の都市銀行の3年定期預金利率のうち一番低い利率は0.040%。
5年、10年定期についても3年定期の利率が適用とのこと。

なるほど。そして、もうひとつは

(2)これを機に解約するという選択(特例中途解約)

その場合、日本振興銀行が経営破綻した平成22年9月10日までの金利2.2%は保証され、それ以降の金利はつかないようです。

(3)「特例中途解約」の適用を受けずに途中で通常の解約を手続きするという選択

普通の途中解約なので適用年率の1/20適用。

恐らく(3)を選ぶメリットはないので、預け入れしてる金額や期間によって(1)か(2)を選ぶことになるようです。

残念ですが、まぁ元本割れしなかっただけでもラッキーかなと。

ちなみに、銀行から届いたお知らせはこんな内容でした。
平成23年4月25日(事業譲渡予定日)以降に満期日が到来する定期預金をお持ちのお客様ヘ

預金先金融機関の破綻というのもあまり経験することがないので、エントリーしてみました。


預金先の銀行が経営破綻したらこうなるよ” への2件のコメント

  1. ピンバック: Tweets that mention 預金先の銀行が経営破綻したらこうなるよ - ogaworks -- Topsy.com

  2. ピンバック: はずむはごたえ - BliBlo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です