FuelPHPでAmazon s3にファイルアップロード

DSC_3826
FuelPHPでAmazon S3パッケージを使ってみました。

danharper / fuel-s3

まず、パッケージを/fuel/packages/s3/として配置。

次に、/fuel/app/config/config.phpでalways_loadのpackagesにs3を追記。

'packages' => array(
:
's3',
:
),

そして、/packages/s3/config/s3.phpにAWS情報を設定。

'access_key' => 'AWSのアクセスキー ID',
'secret_key' => 'AWSのシークレットアクセスキー',
'use_ssl' => false,
'endpoint' => 's3.amazonaws.com',

この’endpoint’は以下を参照して設定します。
Amazon Simple Storage Service (S3) Regions and Endpoints

適切に指定されていないと、

[PermanentRedirect] The bucket you are attempting to access must be addressed using the specified endpoint. Please send all future requests to this endpoint.

というメッセージが。

それから、

[ Error ]: Access to undeclared static property: S3S3::$override

にはこれを反映します。

実際のコードはこんな感じになりました。
// Upload to Amazon S3
$input = S3::inputFile($file);
$put_result = S3::putObject($input, {bucketname}, {path+filename}, 'ACL_PUBLIC_READ');

S3にファイルアップできるのが確認できたら、CloudFrontの設定をしてひとまず完了!

FuelPHPでAmazon s3にファイルアップロード” への1件のコメント

  1. ピンバック: 【AWS】EC2とS3の画像共有について at ITエンジニアmegadreamsの開発日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です